前へ
次へ

医療費の抑制のためにも機能性表示食品も摂取もひとつ

全日本の人口のうちで4分の1の割合は、65歳以上を超えている高齢者の多い時代です。
社会的な課

more

つらいドライアイは医療機関で治そう

ドライアイはスマホの普及でさらに患者数が増えており、今や誰にでも起こり得る目のトラブルです。

more

医薬品の購入も医療控除を受ける事ができます

医薬品の購入においても医療控除を受けることが可能です。
これはドラッグストアなどで購入した医薬

more

医療行為はなかなか難しいことですが

医療行為は行うことができるのが医師のみです。
あくまで人の場合ということではあり、例えば自分に対する治療などは自分でやっても基本的には問題ないです。
それに程度の問題もあるでしょう。
例えば傷薬を塗ってあげるとかそういうものであれば特に咎められるような治療行為として追求されることはないです。
対価をもらったりするとさすがに問題があるのですが医療行為というのは程度もさまざまですから一概に医者以外やってはいけないというわけでもないのが難しいところです。
もちろん、切ったりすることは駄目です。
医療というほどのことではないのですが様々な予防医学というものは自分でも理解しておいた方が良いことが多いです。
こうすれば風邪にかかりにくいといったような小さなことではあるとしてもやっておけば人生に大きくプラスになるということがあるだけです。
ですから、少なくとも衛生についての知識は身につけておいた方が最終的に自分のためになることでしょう。

ひどい痛みや痺れでもWaDit治療で直ぐに和らぐ

透明なマウスピースでも歯科矯正を提供
月々13,700円から目立ちにくい透明のマウスピースの歯の矯正をはじめられます。

体が痛くて何もできない
それなら岡崎のドリーム接骨院にお越しください

開業40年の実績ある小児歯科にお越しになりませんか?

オーダーメイドの矯正歯科治療を名古屋の皆様へ
患者様1人1人に合わせた歯並び治療をお届けいたします

Page Top