前へ
次へ

医療費の抑制のためにも機能性表示食品も摂取もひとつ

全日本の人口のうちで4分の1の割合は、65歳以上を超えている高齢者の多い時代です。
社会的な課

more

つらいドライアイは医療機関で治そう

ドライアイはスマホの普及でさらに患者数が増えており、今や誰にでも起こり得る目のトラブルです。

more

医薬品の購入も医療控除を受ける事ができます

医薬品の購入においても医療控除を受けることが可能です。
これはドラッグストアなどで購入した医薬

more

医療行為はなかなか難しいことですが

医療行為は行うことができるのが医師のみです。
あくまで人の場合ということではあり、例えば自分に対する治療などは自分でやっても基本的には問題ないです。
それに程度の問題もあるでしょう。
例えば傷薬を塗ってあげるとかそういうものであれば特に咎められるような治療行為として追求されることはないです。
対価をもらったりするとさすがに問題があるのですが医療行為というのは程度もさまざまですから一概に医者以外やってはいけないというわけでもないのが難しいところです。
もちろん、切ったりすることは駄目です。
医療というほどのことではないのですが様々な予防医学というものは自分でも理解しておいた方が良いことが多いです。
こうすれば風邪にかかりにくいといったような小さなことではあるとしてもやっておけば人生に大きくプラスになるということがあるだけです。
ですから、少なくとも衛生についての知識は身につけておいた方が最終的に自分のためになることでしょう。

阿倍野地域密着内科 鈇田クリニック
患者様のことを第一に考える診療をご提供しています

京都 整体
息を利用して体の内側から自分の力をメインに整体を行います

国際歯周内科研究会の歯周病治療
確実な診断のもとに効率良い治療を行います

横浜市で肩こりや腰痛でお悩みの場合は

ホームケアをサポートしてくれる歯医者
家での歯の守り方をお伝えします

Page Top